今年度の活動で感じたこと

こんばんは。

2月にU10の選手がベトナム遠征へ行き、見事優勝しました。

そしてその翌週にはセレッソカップに出場して6位となりました。

本番に強くなるためのトレーニングを行ってきたからこそいい結果を出せたと思います。

それはコーチは関係なく、いつも全力でトレーニングしてきた選手の努力であり、それをサポートする保護者の方のおかげでした。

そして本日は今年度最後のトレーニングマッチでした。

チーム練習をしたことのない選手もいる中で、一つ一つ実戦で学んでいきます。

そして一生懸命プレーすることの大切さを学んでいきます。

まずは全力を出せる選手になることが大切だと思っている中で、まだまだ技術面のトレーニングを行っていかないといけないとも思いました。

この1年はスタイルの確立と選手の個々の能力を出すために必要な試合以外での過ごし方を伝えてきました。

4月よりチーム練習を行い、技術面や戦術面の指導も本格的に始動します。

 

一生懸命プレーすることが大切な理由

GLADJOYに所属する選手には常に一生懸命プレーしなさい。と伝えます。

本来であれば、選手自身が自然とそうなるように仕向けられればいいのですが、スタイルの確立として伝え続けています。

そうすることにより選手がチャレンジする回数も本当に増えました。

そんな姿に何度も感動しました。

スポーツを一生懸命プレーすることで観ている人を魅了する。

スポーツの醍醐味だと思っております。

そして選手自身が一番心を動かされるのです。

スポーツは子どもを大人にし、観ている人の心を動かすことのできる魔法のようなものです。

自然と応援したくなる、サポートしたくなる、そんな力を持っています。

GLADJOY.FCのイメージといえば”ドリブルテクニックが身に付く”ですが、本当は気持ちの部分をすごく重要視しています。

指導する時も、褒める時も、コーチが一緒にプレーする時も、どんな時でも”本気”でやることを大切にしています。

本当の感情を選手と共有する。

これはこれからもずっと変わらないように続けていきます。

『試合をするなら必ず勝つこと!』

これがりゅうじコーチの口癖ですが、本当はそれよりも大切なことがこの言葉の中にあるということをいつか気づいてくれれば嬉しいなと思います。

 

まだまだ伝えたいことはたくさんある中でこの国で出会った仲間と離れるのは寂しいですが、この時期は仕方のないこと。

いつまでもみんなのコーチでありたい。

だからこそGLADJOYは常に進化していきたいと思います。

4月からも気合い入れまくりで頑張ります!

その前に来週の最後のレッスンで楽しく一生懸命頑張りましょう!

今日も選手達、そして保護者の皆さん本当にお疲れ様でした!

 

 

 

りゅうじコーチ