サッカーとフットサルの関係

こんばんは。

『GLADJOY.FCってフットサルスクールなんでしょ?フットサルじゃなくてサッカーがいいみたいなんだよね』

このような会話をたまに聞きます。

なんでフットサルなのか?ではなく、フットサルってすごくサッカーのためになるんだよ。

これが言いたいのです。

りゅうじコーチもサッカーを小学1年生から12年間プレーしてきました。

そして大学生の時にフットサルと出会い、今もサッカーではなくフットサルをプレーします。

たまーにですが、サッカーもやります。

サッカーをやった時、走れない自分の武器になるのが『キープ力、テクニック』なのです。

これはサッカーではなく、フットサルで確実に身につけました。

フットサルをすることによって例えば足が速くない選手、身体能力が高くない選手、そのような選手が”プレーの幅”を広げます。

フットサルって足元が上手くなる、判断が早くなる、そしてキープ力が上がる、本当にサッカーに必要なことがたくさん入っているスポーツなんです。

 

どんな選手がこれまで育ったか

サッカーの戦術ってどんなことがありますか?

考えてみてください。

これってすごく難しいと思うんです。

フットサルは?というと、コーナーキックなどのセットプレーはもちろん、動きの戦術(1と合図すれば、みんなで1の動きをする)があったり、2人でやれる戦術もあります。

これらを監督気質の選手(コミュニケーション能力の高い子)が理解し、みんなに説明して楽しくなり、プレーもすごくイキイキして上手くなっていきました。

楽しくなるときはどんな練習でも上達し、成長に繋がります。

色々な角度から選手に合ったアプローチをして、個々をしっかり伸ばしていきます。

これからもどんどん選手が楽しく成長できるスクールになるようにコーチとしても成長していきたいと思います。

 

 

りゅうじコーチ