人それぞれサッカーの楽しさは違う

こんにちは。

今日はGLADJOY.FCにいた選手で本帰国をしてしまった選手の話。

彼は野球少年。その選手のパパは野球がとても上手く、そんなパパの背中を見て野球に夢中になった。

彼に将来の夢をコーチの僕が聞くと『夢は野球選手』と答えていました。

もちろん最後までそこは変わらなかった。

彼との出会いは弟の幼稚園課外活動。

昨年の夏休みフットサルクリニックの時、兄も一度行ってみたいとの事なので参加したいとママから連絡を頂きました。

その時僕は彼をほとんど知らなかった。

その時の練習でヒールリフトという技を練習しました。(足で挟んで後ろから前に蹴り相手の頭上を越えて抜く技)

少し他のサッカースクールに通っていたのですが、辞めちゃったと聞いていましたが、あのヒールリフトを1発で完成させたのです。

そんな彼のプレーにびっくりした僕は聞きました。

『なんでサッカーはもうやらないの?勿体無いな〜』

その時の彼は少し困ってた気がします。だけど、目の奥では褒められている事を理解して嬉しそうな感じがしました。

それからはあまりアプローチはしなかったのですが、9月からGLADJOY.FCに入会し、試合に出場し、活躍してくれました。

アカデミーがないGLADJOY.FCですが、上手い選手もたくさんいます。

そんな中でゴールを決める彼のプレーは楽しみで仕方なかったです。

なにかキッカケがあり、また始めることになったフットボール。

日本に帰ってからもやりたいと少しでも思ってくれたようです。

決して上手い選手を育てたい!という気持ちだけではなく、一生懸命プレーする彼のような人間、選手になってくれれば嬉しいなと思っています。

そんな彼の存在はこれからも忘れることはないし、今後も既存の選手にこんな選手がいたんだよと伝えていくでしょう。

一度やめたフットボールをまた始めてくれて嬉しかった!!

ありがとう!

また一緒にやろうね!

 

 

 

りゅうじコーチ