自分を知ることの大切さ

こんにちは。

サッカー・フットサルスクールに通っている子ども達は、一人の選手として日々活動しています。

それを子ども達が自分で自覚することは少し難しく、それを伝える大人も少ないのも現実です。

ではどうやって自分を選手として自覚し、日々生活するのか。

それはまず自分を知るところからスタートします。

自分を知るってなんですか?何をすればいいの?なんて思う方も多いと思います。

まずは『自分のいいとこ探し』をするのです。

大人も子どもも自分を売り出すのが苦手なのが日本人。(あくまでも個人的な意見ですが)

まずは自分が得意なことはなんなのか、それを伝える・見せるためには何をしないといけないのか、考えていきます。

それができれば自分を知り、アピールする方法を理解します。

そうすることにより、自分が選手として活躍するのに最も必要な『アピール』ができます。

 

アピールする時ってどんな時?

子どもの頃にアピールするってどんな時でしょう。

サッカー・フットサル・スポーツの世界では『試合』があります。

その試合に出場するにもいくつも壁がありませんか?

 

自分より上手い子がたくさんいる中で競争する

・同じぐらいの選手がいて半分ずつしか試合に出れない

 

親としても悩んでいる方は多いはずです。

でも大丈夫。

子どもに言ってあげてください。

 

コーチはあなたのいいところを見てくれているよ

 

この一言で安心できるはずです。

そして本当に選考会やコーチが選手を選ぶときはいいプレーを期待して選びます。

この大切なことを選手も保護者の方も覚えておいてください。

本当に大事なことなので。

 

自分のいいところを探してそれを出すこと。

そのためには練習しないといけないですね。

まだまだ共に頑張りましょう!

いいとこ探し!!

 

 

 

りゅうじコーチ