こんにちは。

久しぶりの更新です。

先日THAILAND INTERNATIONAL YOUTH CUPにU8,U11が出場しました。

その様子と今後の GLADJOYのスクール活動について書きたいと思います。

 

サッカー大会

12月7,8日でパタヤ遠征に行きました。

半年に1度参加しているパタヤ遠征。

全カテゴリー合わせて約110チーム参加。

すげーーーー。と思った大会規模。

アジア各国からの参加チームで素晴らしい大会だったと思います。

結果はU11は予選敗退、U8は13,14位でした。

悔しい結果となった大会。

その前の週では日系大会で結果を出せず、この2週間は悔しい思いをしました。

なかなか結果を出せなかった毎試合。

それでもあきらめずなんとかしようと選手も保護者もコーチも力を注ぎました。

 

子ども達に伝えたいこと

GLADJOY.FCがなぜフットサルスクールかというと、プロのフットサル選手をしていたりゅうじコーチの体験を子ども達にもさせてあげたいと思ったからです。

サッカー歴は12年。フットサル歴は10年。合計22年もフットボールに携わっています。

サッカーで結果を出せたのは12年目。(高校3年生の時)

初めて全国大会に出場しました。そして三重県でも得点王を獲りました。

フットサルでは3-7年かかりました。(プロになった3年目、それからFリーグ準優勝も経験)

決して自慢ではなく、これは全て体験談。

12年サッカーをやってて自分が求める結果(全国大会出場)を達成できたのは12年目です。

12年間その夢と目標を持ってそのために一生懸命頑張りました。

今となっては努力をしたと感じることもありますが、そのときは努力しようとは思ってなかった。

ただ好きだから、勝ちたいから無我夢中でやっていた。

本当にたくさん悔しい思いをした。

自分の周りにいた人の中では誰よりも悔しい思いをした気がする。

 

ただ今一番伝えたい事は

好きなことだけでも一番目指そう

本当にこれに尽きます。

好きで始めたサッカーでしたが、いつしか勝ちたいという欲が出てきて、勝つ喜びを知って、1番を獲りたいと思って、一生懸命になって、今も続けています。

 

フットサルがサッカーで活きる

フットサルを始めて一番感じたことは、『考えてプレーしないと感覚だけでは通用しない』ということでした。

テクニックやパスワークなど見えるものとしてフットサルは必要だと言われています。

もちろん必要不可欠です!

ですが、それ以上に必要なことは判断力

1秒毎に周りを見て、1秒毎に考えて、1秒毎に決めていく。

そして何よりも重要なのが『予測すること

この予測は攻撃でも守備でも必要です。

 

予測ができれば準備ができる。

準備ができれば対応できる。

対応できれば結果を出せる。

 

まだまだ強くなれるよ。

バンコクでサッカー・フットサルスクールとしてGLADJOY.FCは子ども達に必要な3つを伝え続けていきます!

 

・一番を目指すこと

・メンタルコントロール(勝者のメンタリティー)

・見せること(テクニックも努力も全て)

 

 

では続きはまた今度!

 

 

りゅうじコーチ