『怒ることもある。でも褒めると認めるは子どもが自分を大切にするキッカケになる』

 

家の中での居場所は子どもにとっては自分の安心する場所

 

ここにはいつも味方をしてくれる家族がいて、泣いたり、自慢したり、自分の全てを出せる場所

 

その環境づくりは親の使命でもある

 

褒めるようにしている人も多いはず

 

でも認めてあげることは1番の安心に変わる

 

まずは大人が認めることを意識しよう

 

子どもは安心感を覚えると心を開く

色んな子がいる中で、最も大切にしていることが『その子の性格を理解してあげること

 

会った時からどんな子か理解するようにしている

 

その中でどう壁を乗り越えようとするのか、

どういう向き合い方をするのか、

どうチャレンジするのか、

どこでスイッチが入るのかを見るようにしている

 

家庭の中では居場所になるが、ピッチの上でもなんでも話せる場所にしていきたい

 

その中で意識しないといけないことが『認めてあげること

 

その子のやったこと、やろうとしていること、発言など

 

認めてあげることによって彼らは安心感を覚える

 

意識するべきことは褒めようとするのではなく、認めることが最優先ということ

 

サッカーフットサルのレッスン後の復習

サッカーやフットサルなどのレッスン後の復習の時間でも同じことが言える

 

結果よりも考えたこと、意識したこと、そこに対してのチャレンジなどを認めることが大切である

 

彼らにとって大切なのは結果だ

 

でも将来を見ると大人は過程を意識しなければならない

 

チャレンジしたことを認めて褒めてあげる

考えたことを聞き出して認めてあげる

 

これが脳内で復習作業を行い、自分の脳にやったことがよかったと覚えさせる

 

だから帰宅した際のレッスンの話はとても大切な時間になる

 

サッカースクールやフットサルスクール、塾でも同じだ

 

彼らに一番必要なことは”復習”

 

全てにおいて安心感や肯定感が必要

 

こうして肯定的な意見をもらった子は自分の価値を感じ、

自分の存在に対して肯定的になる

 

よって人を大切にできる大人になり、自分を大切にできる大人になる

 

躾とはこういうことが基本になる

 

レッスンの中でも今まで以上に大切にしていきたい

 

〜GLADJOYの紹介〜

GLADJOYはバンコクで活動するサッカー・フットサルスクールです。

元プロフットサル選手として活躍したコーチが直接指導する本気のスクール。

どんな子にもしっかり向き合える少人数制のサッカー・フットサルスクールとなっております!

No,1を目指してOnly1になれ!