『成長は焦らない事』

 

保護者の声:うちの子はなかなか上手くならなくて・・・

 

保護者の声:サッカーを楽しく続けてくれるといいんです

 

あれ?なんか矛盾してない?

 

でもその気持ちよくわかる

 

結構同じ意見の人多いと思う

 

そんな悩みについて書いていきます

 

どうせやるなら本気になれ

他の子と比較してはいけない事はわかっているけど、いつの間にかしちゃう

 

そんな事たくさんあると思う

 

どうなってほしいですか?と聞かれると、『本人が楽しくやってたらそれでいいかなと思う』と答えますよね

 

でも本心では勝ってほしい、上手くなってほしい

 

楽しむことには変わりないけど、どうせなら勝つ人生を歩んでほしい

 

そう願うのが親の気持ちなのかなと思う

 

だからこそ焦っちゃダメ

 

人によって得意不得意があり、いつ成長するかなんてわからないから

 

サッカーやフットサルなんて大学生で一気に伸びる子もいる世界

 

スポーツってそんなもん

 

だからこれだけは忘れてはいけない

 

親だからこそ、一生懸命応援してあげること

 

親の応援と他の人の応援の何が違うって、『安心感』が違う

 

自由にやらせてあげたいのなら応援してあげよう

 

でもどうせやるなら本気になれ!と伝えるのを忘れずに

 

ただの習い事で終わらない

先生やコーチって神様が巡り合わせてくれるようなもの

 

僕自身、素晴らしい指導者のもとでサッカーやフットサルをプレーした

 

だから選べないことの方が多い

 

特に学校は選べない

 

でも今の世の中はサッカースクールでもフットサルスクールでも選べる時代

 

GLADJOYでは、

 

楽しい思い出づくりの場になるつもりなどない

 

本帰国する時や大人になった時に、こんなことが学べた!

 

と思ってもらえるようなスクールを目指している

 

だからコーチが保護者とも子どもとも一生懸命全力で向き合うようにしている

 

彼らが10年後、20年後に大人になった時に思い出してくれるぐらい愛情たっぷりで指導する

 

だから全てを評価するべきなのは”今”ではない

 

彼らの良いところも悪いところも全て理解して応援してあげることが成長への近道

 

もちろん怒るし、熱くなるし、褒める

 

でも何が伝えたいのかというと『その子しかダメだということ』

 

そんなスクールであり続けたいと思う

 

親も巡り合わせと特別な存在なので、

 

自信持って認めてあげよう

 

〜GLADJOYの紹介〜

GLADJOYはバンコクで活動するサッカー・フットサルスクールです。

元プロフットサル選手として活躍したコーチが直接指導する本気のスクール。

どんな子にもしっかり向き合える少人数制のサッカー・フットサルスクールとなっております!

No,1を目指してOnly1になれ!