『できないことも楽しむ』

 

バンコクで活動するサッカーフットサルスクールのGLADJOYでは、毎回目的を持ってレッスンをしています

 

月ごとのテーマに沿って、何を順番に学ぶのか

 

今やっていることの意味はなんなのか?

 

しっかりと落とし込めるように指導しています

 

目的は1人1人違うけれど統一する

”サッカーを楽しむ”

 

この言葉の意味は大きい

 

人それぞれ楽しみ方は違う

 

でも子どもも大人も褒められると嬉しい

 

でも適当に褒められても嬉しくない

 

何が目的でその目的に対してできていたら褒められる

 

これが一番嬉しい

 

要するに確認(復習)ができる

 

これが自信につながり上達につながる

 

親としてお金を払ってレッスンを受けさせている以上、子どもの成長を求めるのが普通だ

 

ただ、求めるだけではいけないことを理解しないといけない

 

目的、目標の共有を必ずしてほしい

 

コーチとの目的目標共有、そしてチームとしての共有、更に家庭での共有

 

この3つがあると子どもは必ず成長するし、勝手に練習する

 

できないことすら楽しめるような環境にしていきたい

 

本帰国の時に楽しかったではないスクールへ

楽しかった!あそこに行って色んな思い出ができた!

 

これも大切

 

だけど、何を学んだのかがすごく大切

 

”あそこに行ったからサッカーが上手になったよ”

 

そんなことを言ってもらえるようなスクールであり続けたい

 

目標を持って、目的を明確にして、そこに対して毎週できたかどうかを確認して

 

家に帰ってお父さんやお母さんに説明するようなサッカーフットサルスクールでありたい

 

そして日本に帰った時に困らないような技術、人間性を身につけてほしい

 

そのためのカリキュラムでもある

 

今月のテーマはトンパ、そしてウェーブの動きとなっている

 

しっかりとテーマを持ってレッスンすることにより、更に質の高いレッスンができる

 

子ども達の集中力もあげて観ている保護者の方も見入ってしまうようなレッスンをやっていく

 

それぐらい目的は大切である

 

家庭内でもしっかりと共有をしていってください!

 

まだまだ成長しよう!

 

〜GLADJOYの紹介〜

GLADJOYはバンコクで活動するサッカー・フットサルスクールです。

元プロフットサル選手として活躍したコーチが直接指導する本気のスクール。

どんな子にもしっかり向き合える少人数制のサッカー・フットサルスクールとなっております!

No,1を目指してOnly1になれ!